スーパーカマグラとは

スーパーカマグラとは
とくに40代に多くみられるのが「ED」+「早漏」の合併。

原因として考えられているのは勃起の持続力、つまりEDにあると言われています。

ED男性は勃起しないこともありますが、場合によっては短い時間だけ勃起することもあります。

この時に男性は「せっかく勃起したんだから萎えさせてはいけない」と、頭の中で考えます。

すると自然といつも以上に、強い刺激を求めてしまいます。
萎えさせたくない気持ちから強い刺激を与え続け、さらには焦りなどが混じり合い極端に短い射精となり、早漏を合併します。

なのでED男性の30%は、早漏を合併していると言われています。
実はどちらの病気も治療薬が存在していますが、とても高価な品になっています。

ED治療薬1錠あたりは、1300~2000円。
早漏防止薬1錠あたりは、3000円。
最低でも2種類の薬の1回あたりの服用で、4000円以上かかります。

とても継続は難しいですよね。
シルデナフィルとダポキセチン
そこで紹介したいのが「スーパーカマグラ」という複合薬。
これはジェネリック医薬品にあたり、バイアグラの成分「シルデナフィル」とプリリジー成分「ダポキセチン」の2種類の成分が1錠に詰まったお薬です。

先発薬と同じ成分が2種類も入って、値段は500円もしません。
先発薬にかかる1回あたりの費用で考えれば、8回分に相当します。

ジェネリックに切り替えれば、費用を抑えてEDと早漏を同時に治療することができるんです。
それぞれの成分について、少し解説していきます。

シルデナフィル

この成分のもつ作用は、血管を拡張する作用です。
勃起をさせたり維持するのに絶対的に必要なのが、「血液」。

一度に多くの血液を運ぶためには、その通路となる血管を一時的に拡げる必要があります。

シルデナフィルは血管の拡張を邪魔してしまうPDE-5という酵素を阻害することで、男性が興奮を催した時に大量の血液をペニスへと送ることができます。
シルデナフィル

ダポキセチン

早漏の原因として考えられているのが、「興奮を抑える物質セロトニンの不足」が挙げられます。

脳に作用することでセロトニンが再吸収されるを抑え、濃度を高めることができます。

セロトニンの濃度が上昇すれば、過剰な興奮の原因となる物質ノルアドレナリンの働きを抑制することができます。

興奮が鎮まれば、射精感を減退させることができます。
ちなみに約4倍にまで持続させることができるので、射精を遅らせる効果は高いと考えられます。

これら2つの成分の働きによって、男性の生理病を同時に解消することができます。

性生活の質低下を悩みとしている男性は、試してみる価値はあるはずです。
スーパーカマグラの通販

シルデナフィル

シルデナフィル
バイアグラ成分であるシルデナフィル。
今回はこの成分について、詳しく解説していきます。

バイアグラは世界的にもとても有名なED治療薬であり、恐らく男性であれば誰しもが一度は耳にしたことがあるはず。

この成分はそもそもED治療薬成分として研究・開発されていた成分ではないのをご存知でしたか?

シルデナフィルは、もともと高血圧症による上昇した血圧を低下させるために開発された成分でした。

しかし臨床試験の結果からは望ましい効果は得られず、開発は中止になりかけました。

そこで被験者の人たちから予備に渡していた薬を回収しようとしたところ、「勃起できるから」という理由で回収を拒む人がたくさんいました。
シルデナフィル2
そこで成分を改めて調べてみると勃起不全を改善する効果が発見され、人類史上初となるED治療薬バイアグラとして1998年から販売がスタートしました。

今ではジェネリックの販売もスタートしていて、「カマグラ」や早漏防止成分もいっしょに含有されている「スーパーカマグラ」などの販売も行われています。

本来の目的であった血圧を下げる効果から分かる通り、成分シルデナフィルには血管を拡張して血圧を下げる作用があります。

EDの男性が服用するとなぜ、勃起が起こるようになるのでしょうか。
男性が勃起を起こすためには、からだの器官が正常に機能することが必要ですが、その他にも体内分泌が行われる「サイクリックGMP」という物質が必要となります。

これは自然発生する天然の血管拡張剤とも言われ、筋肉を弛緩することで血管を拡げることができます。

しかしEDの男性はこの物質が分解されてしまい、ペニスへの大量の血液流入を期待することができなくなります。

すると勃起できないことや、それを維持することが難しくなってしまいEDの発症となります。
シルデナフィル3
この物質を分解してしまうのが「PDE-5」と呼ばれる、海綿体に存在している酵素の働きによって分解が進みます。

シルデナフィルは「PDE-5阻害剤」という系統に分類することができ、酵素を阻害することでサイクリックGMPの分解を防いでくれます。

酵素を阻害することで、血管が拡張し大量の血液がペニスへと送り込まれる仕組みとなっています。

効き目を知らせるサインとして、ほてり・紅潮・頭痛といった副作用症状が現れるようになりますが、一時的な血行促進によって見られる症状なので、ある程度は仕方の無いとされ、90%以上の人に上記のような副作用が現れます。

安全性は高い成分と言われているので、成人を超えている男性であれば一部の人を除いて服用することはできる成分となっています。

タポキセチン

タポキセチン
世界的にも飲み薬としては唯一、早漏防止の効果が認められているダポキセチン。

もともとは、抗うつ剤としてうつ病を罹患している人が服用するお薬でした。

しかし、服用中の男性たちから「射精にかかる時間が長くなってしまった」という報告を受け転用され、「プリリジー」という早漏防止薬として、現在は処方が行われています。

早漏の原因の1つに、「セロトニン不足」を挙げることができます。

この物質は腸や血液、脳の中にも含まれていますが、脳の中には全体の2%しか含まれていません。

ちなみにもっとも多く存在しているのが腸内であり、全体の60%となっています。

この僅かに2%が少しでも不足することで、男性は早漏を引き起こしてしまいます。
タポキセチン2
セロトニンは他の神経伝達物質を抑制する働きがあり、他のノルアドレナリンやドパミンの働きを調整する役割があります。

不足してしまうことで物資を抑制することが困難な状態となり、次第に興奮度合いが増していきます。

すると過剰な興奮を起し、男性の射精までの時間を極端に短くしてしまいます。

ダポキセチンは神経終末(神経線維の末端)である「シナプス」に作用します。

脳内のこの部分に作用することで、セロトニンが再吸収されてしまうことを阻害することができます。

再吸収されなければ一定の濃度を保つことができるので、本来の役割である他の神経物質の調整を可能にしてくれます。

興奮や緊張、あるいは不安などに反応して分泌がはじまるノルアドレナリンを抑制し、過剰となっている興奮を鎮めることができます。
タポキセチン3
どの位の効果があるのかについてですが、個人差があるものの約3~4倍まで射精遅延効果を期待することが出来ると言われています。

他の抗うつ剤などではこういった効果は認められておらず、早漏防止効果を期待できるのは成分ダポキセチンが含まれる薬のみとなっています。

ダポキセチンが含まれている製品はジェネリックを含めるといくつかあり、「ポゼット(プリリジージェネリック)」やED治療薬の成分がいっしょに含有される「スーパーカマグラ」や「スーパータダライズ」などもあります。

いずれの製品も服用の目安はSEXの1時間前としていて、効果の持続性は5~6時間ほどと言われています。

24時間以内に成分は体外へと排泄されるので、比較的安全性は高い成分となっています。

ちなみですが早漏の根治を可能とする成分ではなく、対処療法として取り入れられる成分となるので、根治には治療が必要となるケースもあります。
スーパーカマグラの通販